50代 家 新築 注文住宅 家造り

50才で自分の理想の家を建てました

50才という年齢と低予算の悪条件で理想の新築一戸建ての家を持ちたいとがんばって建てました(*^^*)

理想の家と外構

こんにちは。
たくてむです。

自分が建てたかった理想の家。
家そのものに対しては概ね満足。理想の家になったと自分では思っています。
でも外構に関しては住み始めてから気になる部分ががいくつか見えてきました。

家を建てる時はお金はもちろんですが、他にも考える事、やらなければならない事が多く、外構を考える余裕がない状況だったのが原因です。
言い訳ですが(汗)

具体的に気になっているのは↓

・まわりはほぼ畑なので特に塀や目隠しは作らなかったが意外と視線が気になる。
・傾斜地に建っているので大雨が降ると上段から土が流れてくる。
 マンホールのふたが埋まってしまうことも…
・仕切りとなる構造物がないところは土地の境界がはっきりしないので草取りとか気を遣う。
・木も花もないので殺風景。

と、こんな感じです。
この中でも一番気になるのはやはり”視線”
隣の畑で作業をしている方の視線が意外と気になります。

f:id:takutem:20200526165142j:plain

我が家は窓も大きめにとっているため、室内なのにだらしないリラックスした格好でいるとちょっと…
やっぱり自分の家の中でなんですから人の目を気にせずリラックスしたいです。

生活することをしっかり考えて家を建てるタイミングで外構もある程度はお願いするべきでした。反省。

相方と話し合います。
久々の理想の家作戦会議です。

結果、今から大きな予算を取ることはできませんが、
予算内で、どこまで、どんなことができるか?専門の業者さんに相談することにしました。

理想の家は「家」だけでなく、外構も含んで初めて完成するものだったようです。
相方と二人、理想の家の完成に向かって再度スタートです。

あ、ゴーヤ順調に育ってます(o^―^o)

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

一戸建てランキング