50代 家 新築 注文住宅 家造り

50才で自分の理想の家を建てました

50才という年齢と低予算の悪条件で理想の新築一戸建ての家を持ちたいとがんばって建てました(*^^*)

玄関と照明と出会いと

こんにちは。
たくてむです。

少し時間が空いてしまいました。

その間に色々あって…
ちょっと凹んでしまいブログをアップする気持ちになれませんでした。
やっと最近、少しリフレッシュすることができたので凹んだ原因も含めて少しづつアップしていきたいと思います。

さて今回は玄関のギャラリースペースとでもいうべき玄関を入ってすぐの壁の話。
過去に何度か書いていますが、自分たちは家を建てるときに照明の位置や明るさなんかには結構こだわっています。

takutem.hatenablog.com
そんな照明プランを考えている中で「玄関の壁には絵か写真かわからないけど何か飾りたい」と考えました。何か飾った時をイメージして玄関のダウンライト照明は意識的に壁側に寄せてあり、壁に飾ったものが映えるように計画していました。
そうして出来上がった玄関照明と壁は想像した通り!
どんな絵を飾ろう?自分で描く??写真の方がいい??なんて相方と二人でずっと話していました…が、一年以上何も飾られることなく、そのこだわった光はただただ壁を照らし続けておりました(;´д`)
そんな玄関のギャラリーコーナーがついに日の目を見る時が来ました。

飾ったものはコレです。

f:id:takutem:20200713113751j:plain
そう。紅型です。


実はこれ、今まで和室の床の間に飾ってあったもの。
とても美しく気に入っていたのですが、床の間に飾るにはちょっとサイズが小さかったんです。
それにずっとこの紅型一枚しかないのも寂しいし、機会があればもう少し大きい紅型も欲しいと考えていました。
そんな中、先日サイズもデザインも気に入った紅型を手に入れることができました。

その時、購入した店でそれまで飾ってあった黄色の紅型の話をしたところ
「黄色のものは玄関に飾るととても良いですよ」とご主人が話したのです。
相方と二人、その話を聞いた瞬間運命を感じましたよ。

きっとこの黄色の紅型は玄関に飾るのがベストなんだ。
そのために今回の紅型との出会いがあったのだと。

今回購入し、床の間に飾った紅型はこちら↓です。

f:id:takutem:20200713113811j:plain

どちらも素敵で自分たちは毎日うっとりしながら眺めています。
少し殺風景だった家を華やかにしてくれました。

人であっても物であっても必要な時には神様が出会いを作ってくれると考えている自分たち。
最高の出会いになりました。
大切にします。

ん??床の間の紅型の下が少し寂しいですね。
今は干支の置物が飾ってありますが、ちょっと小さいし…
次はここに置く「何か」との出会い待ちかな?(笑)

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

一戸建てランキング