50代 家 新築 注文住宅 家造り

50才で自分の理想の家を建てました

50才という年齢と低予算の悪条件で理想の新築一戸建ての家を持ちたいとがんばって建てました(*^^*)

いつの世までも

こんにちは。
たくてむです。

f:id:takutem:20190409135408j:plain

先日、宅急便が届きました。

届いた小さな箱の中には結婚指輪。
二つかわいく並んで収まっています。

f:id:takutem:20190409135431j:plain

相方は「こんな年だし、一緒にいられればいい。結婚指輪なんていらないよ。」と言ったこともあった。
正直、こんなおっさんが結婚指輪なんて、どんな顔して買ったらいいのか?と恥ずかしかった(〃▽〃)

でも、どうしても相方に結婚指輪というものをプレゼントしたかったんです。
「人生で一度も結婚指輪したことないよ。」と話していた相方の指に自分がプレゼントした結婚指輪というモノを着けさせたかったんです。
こんな年で…とか関係ない。誰にも気を遣う必要無いですよね…?二人の人生ですもん(〃▽〃)

指輪も何でもいい訳じゃ無かった。
二人で沖縄の離島でミンサー柄を見て、その意味を知ったときから決めていた。
結婚指輪は絶対にミンサー柄の指輪にするって。
もう、そうじゃなければ買わない!くらいの勢いで(笑)

家を建てることやお金のこと。様々な事情で買うまでにずいぶん時間がかかってしまっていたけど、2月に、やっと、やっと、相方と二人で買いに行くことができた沖縄のMUQBELさん。

muqbel.jp

↑ココ、おっさんの侵入を拒むかのようなめっちゃオシャレな店でした。


少し気後れしながらも、これ以上は無い!ってくらい真剣に選んで二人で決めたミンサー柄の「いつの世までも」の思いを込めた結婚指輪。

その指輪が目の前にある。


箱を開けた瞬間、涙が出そうになった。
…イヤ、ホントはちょっと出た。

裕福じゃない上、今は家のことでお金がかかっていて正直生活も厳しいくらいだけど、二人でできる精一杯のささやかなお祝いをしました。
記念に写真も撮りましたよ(●︎´▽︎`●︎)

f:id:takutem:20190409135824j:plain

家を建てるまでの記録としてというか、日記のように書いているようなブログなので誰が読むこともないかと思います。
でも、万が一自分と同世代の男性が見ていて、そんなあなたに大切な人がいるなら…
お互いの相方を幸せにする同士として友達になってください(^-^)